当院について

武蔵野中央病院の考える心と体の医療システム


武蔵野中央病院の考える心と体の医療システム

 

病院概要 

  • 名称
    医療社団法人 総合会 武蔵野中央病院
  • 所在地 東京都小金井市東町1-44-26
  • 理事長・院長 牧野 英一郎
  • 診療科目
    内科(呼吸器科、循環器科) 心療内科 精神科 リハビリテーション科 整形外科 歯科
  • 許可病床数 308床
    内科:一般病棟 38床、療養病棟 60床/精神科:一般病棟 60床)
  • 一日平均外来患者数 39名
  • 届出事項
    内科 10:1、療養 1、精神病棟入院基本料 15:1、介護医療施設サービス費 1
    内科:運動器リハ(Ⅰ)、脳血管リハ(Ⅱ)、地域連携診療計画退院時指導科(脳卒中、大腿骨頸部骨折)
    精神科:精神科作業療法、デイケア、ショートケア
  • 施設概要 約10,000㎡
     建物 鉄筋三階建本館病棟 4,508㎡
     新館(療養病棟等) 2,935㎡
     別館リハビリテーション棟 626㎡
     厨房棟 173㎡
  • 主な設備 全身用CTスキャナ(16列)、テレビレントゲン装置、超音波診断装置、
    脳波計、モニター心電計、歯科治療室、音楽療法室、自転車エルゴメーター、
    トレッドミル、チルトテーブル、牽引機、全館冷暖房、ソーラーシステム、
    瞬時開放非常口、自動消火設備、個室(バス・トイレ付)2人室、4人室 ほか
  • 職員構成
    内科医師 14名、精神科医師 11名(内指定医 10名、非常勤 6名)
    PSW 6名、OT 8名、PT 6名、CP 3名、 その他 計203名


これまでの歩み(沿革)

創立当時の武蔵野中央病院

昭和31年(1956年)1月15日、この地において、武蔵野中央病院は誕生しました。開設時の病床数は68床。そして、平成28年(2016年)、当院は創立60周年を迎えました。